羽辰視聽影音超特店
客服中心  |   電子報  |   推薦 :  分享到twitter 分享到plurk facebook粉絲頁
 您好,歡迎光臨, 您的購物車中有   0  項商品,  共  $0  元 
categories
brand
Panasonic
新力
Mitsubishi
HITACHI
JVC
Bravia
Sharp

TEL:(02) 2311 - 3841
(02) 2314 - 0127
E-MAIL:
門市營業時間:
AM 10:30 ~ PM 22:00
dot 您的位置在: 羽辰視聽影音超特店 » 擴大機 » YAMAHA » YAMAHA 3D環繞擴大機AVENTAGE
YAMAHA 3D環繞擴大機AVENTAGE
YAMAHA 3D環繞擴大機AVENTAGE

RX-A1060

 ヤマハ 7.1ch AVアンプ(ブラック)《AVENTAGE》 YAMAHA RX-A1060(B)

 

RX-A3030-B ヤマハ AVENTAGE AVアンプ ブラック

分享到twitter 分享到plurk 分享到facebook
dot 商品市價  :  $54,900
dot 網路售價 : 

$41,900

dot 門市特價  :  門市特價中,歡迎來店詢問 
spacer   立即搶購  
dot商品說明

 

2016年08月 発売



★ハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」〈アベンタージュ〉に、Dolby Atmos&DTS:XとシネマDSP HD3との掛け合わせ再生を実現したYAMAHA 第6世代モデル
ハイクラスAVレシーバー「AVENTAGE」の第6世代モデルとして、Dolby Atmos&DTS:X再生やハイレゾ再生、4K映像などに対応するとともに、「シネマDSP HD3(エイチディ キュービック)」と3次元サラウンドフォーマットとの掛け合わせ再生やプレシジョンEQ採用の「YPAO」など、フラッグシップAVプリアンプ「CX-A5100」の開発で得た最新の成果を盛り込んだ 7.1chモデル『RX-A1060』です。


最新の3次元サラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応デコーダーを搭載
ドルビーラボラトリーズ社が開発した「Dolby Atmos」やDTS社が開発した「DTS:X」など、最新の3次元サラウンドフォーマットに対応したサラウンドデコーダーを搭載。個々の音を、頭上を含めた室内のどの位置にも定位または移動させ、3次元的な音響空間を自在に創り上げることのできるこの技術への対応により、最新映画で話題のリアルな包囲感や移動感を家庭のシアタールームで楽しめます。5.1.2chスピーカー構成に対応し、プレゼンススピーカーはフロントスピーカー上方壁に設置する「フロントハイト」、天井に設置する「オーバーヘッド」、「ドルビーイネーブルドスピーカー」の3パターンから選択できます。

フロントプレゼンス/サラウンドバックスピーカーを自動選択する独自のデュアル7.1chシステム
実際のフロントプレゼンススピーカーを使用したシネマDSP「3Dモード」の7.1ch再生と、サラウンドバックスピーカーを使用した7.1ch再生とをフロントプレゼンス/サラウンドバックスピーカーの自動切り替えによって完全再生する、独自のデュアル7.1chシステムを装備。
さらに、仮想のプレゼンススピーカーをリスニング空間に生成する「バーチャル・プレゼンススピーカー」機能と、仮想のサラウンドバックスピーカーを生成する「バーチャル・サラウンドバックスピーカー」機能も装備し、通常の5.1chスピーカー構成でも最大9.1ch相当のシネマDSP「3Dモード」再生が可能です。
シネマDSPの信号処理には、ハイグレードAVレシーバー「AVENTAGE」の上位機種と共通のヤマハオリジナル高性能DSPデバイスを採用。なお、ゾーン2出力のオン/オフと連動してフロントプレゼンススピーカーとゾーン2スピーカーとを切り替えるスピーカーアサイン機能も装備し、内蔵の7chパワーアンプをより有効に活用できます。

バーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」
サラウンド(リア)スピーカーをメイン(フロント)スピーカーと並べて設置した状態で7.1chサラウンド再生が楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」を採用。視聴ポイントの後方にスピーカーを設置できない環境でも、従来のVirtual CINEMA DSP(サラウンドスピーカーを使用しないバーチャルサラウンド再生)を上回る、臨場感豊かなサラウンド再生をより省スペースで実現します。

さまざまな使用環境に最適な3次元立体音場を再現する「YPAO-R.S.C.+YPAO Volume」
お使いになる部屋固有の初期反射音を積極的に制御して視聴環境を最適化する「YPAO-R.S.C.*」、その計測結果に基づいて再生時の周波数特性が音量に応じて聴感上フラットになるようにコントロールする「YPAO Volume」による測定・補正プロセスによって、ハイトスピーカーの位置や仕様、室内環境によってサラウンド効果が影響を受けやすい3次元サラウンド再生の課題を克服。専用施工された部屋のような自然な音場と、小音量再生時から大音量再生時までの均一なサウンドバランスを再現します。
* R.S.C.= Reflected Sound Control

◆4回路分離のクリーンで強力なパワーサプライ部
◆ディスクリート7chパワーアンプ、ESS社製D/Aコンバーター ESS SABRE9006ASなどAVENTAGE基準の高音質設計
◆聴き慣れたオーディオソースに新たな魅力を与える「ハイレゾリューション・ミュージックエンハンサー」
◆HDR、BT.2020、HDCP2.2、4K/60pパススルー&4Kアップスケーリングに対応したHDMI端子
◆高精度ロージッタークロック内蔵のヤマハオリジナル・ネットワークモジュール
◆DSD 5.6MHzダイレクト再生、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bit再生をサポート
◆radiko.jpプレミアム (エリアフリー聴取)にも対応したインターネットラジオ機能
◆家庭内ネットワークへ無線LAN経由で接続できるWi-Fi内蔵型
◆スマートフォンなどからの音声をワイヤレス再生でき、また本機の音声を外部機器で再生可能なBluetoothオーディオ機能を搭載
◆対応機器間での音楽コンテンツの配信・共有・リンク再生がひとつのアプリで行える「MusicCast」に対応
◆再生環境に合わせた音質補正が可能な「ゾーンExtra Bass」と「ゾーンVolume EQ」
◆別室で映画の続きを観たり、お好みのオーディオソースが聴けるHDMI対応アドバンスドゾーンスイッチング
◆その他の特長
-FM補完放送も受信できる40局プリセット対応ワイドFM/AMチューナー
-お気に入りのインターネットラジオ局をストレスなく呼び出せるブックマーク&オートプレイ
-コンパクトスピーカーの音に重低音の力感や躍動感をプラスするExtra Bass


■ 仕 様 ■
    【アンプ部】
  • 定格出力(6Ω20Hz - 20kHzTHD 0.06%2ch駆動時):120W/ch
  • 定格出力(6Ω1kHzTHD 0.9%1ch駆動時):140W/ch
  • 実用最大出力(6Ω1kHzTHD 10%1ch駆動時JEITA):170W/ch
  • 内蔵パワーアンプ数:7


  • 【入力端子】
  • HDMI入力端子:8(前面1、AV1~7はHDMI2.2対応)
  • デジタル音声入力:光×3、同軸×3
  • アナログ映像入力:コンポジット×5、コンポーネント(同軸)×3
  • アナログ音声入力:RCA×9(Phono含む)
  • その他:USB2.0×1、ネットワーク×1(イーサネット)、ネットワーク×1(ワイヤレス))


  • 【出力端子】
  • HDMI出力端子:2(HDCP2.2対応、同時出力可、ZONE2出力可)
  • モニター出力端子:コンポジット×1、コンポーネント×1
  • アナログ音声出力:スピーカーアウト 7ch(9端子)、プリアウト(7.2ch)、サブウーファー(MONO)×2


  • 【その他】
  • 消費電力:400W
  • 外形寸法: (W)435× (H)182× (D)439mm、(Wi-Fiアンテナ直立時:W435×H247×D439 mm)
  • 質量:14.9kg
  • 付属品:リモコン、単4乾電池2本、AMアンテナ、FMアンテナ、YPAO用マイク、電源コード、取扱説明書、簡単設置ガイド
  •  
 
dot商品瀏覽紀錄
YAMAHA 3D環繞擴大機AVENTAGE
YAMAHA 3D環繞擴大機AVENTAGE